極道とオメガ~剥き出しの渇愛。~【分冊版】

  • 小島きいち・青井千寿・ache

  • 笠倉出版社

「ったく…こんな場所で発情しやがって」嫌なのに、本能が求めてやまない…。最も極上で、最悪の男と「番」だなんて…。
新倉若菜は売れない恋愛小説家。担当編集から"極上のα(アルファ)男性"に取材する仕事を紹介される。弘侠会の若頭である多々良国光は美しくも謎が多い存在――彼に近づくために高級クラブにホステスとして潜入した若菜は緊張のあまりに汗が止まらない…と思っていたら初めての"ヒート"が訪れて!?目覚めたばかりのΩ(オメガ)の性に戸惑う若菜とフェロモンにつられて群がる男たち…。意思に反して疼くカラダは自制ができない。絶体絶命のピンチに表れたのは――!?この感情は「愛」、それとも「本能」なの…?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持