褐色肌から伝わる熱~異文化エッチは今夜も激しめ

  • 広高タミ

  • Bevy

「まだ足りない…もっと抱きたいです」甘い香りのする褐色肌が、私の奥深くに挿入ってきて―…!アラサーOLのあゆにはずっと忘れられない男性がいる。それは2年前に母国に帰ってしまった外国人のコン君。引き締まった体に甘いマスク、人懐っこい笑顔でいつも癒やしてくれていた。離れ離れになってからもずっと想い続けていたら、ある日街中でバッタリ再会!だけど彼には恋人がいるみたい…?それなのに「あゆさんを癒やしたい」なんて求めてくる。彼にとって私はセカンドかもしれない、だけど真っすぐな視線で迫られたらどうしても拒めなくて…。甘い舌と指で隅々まで愛撫されたら身体中が熱く疼いてしまう。ダメなのに、今夜も激しく抱かれたくて…!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持