1人と一人の3650日 【電子限定特典付き】

  • hitomi

  • 竹書房

10年前に「キモいんだけど」と酷い言葉で自分をフッた勝巳と再会したゲイの牧。
純粋に再会を喜ぶけれど、ノンケのはずの勝巳が評判の悪い男とセックスをしていると知る。
過去、保身のために牧を傷つけた勝巳は見知らぬ男たちに乱暴に抱かれ、痛めつけられることで赦された心地を得ていた。
その事実を知った牧は、勝巳にこう告げる――。
「僕が勝巳くんに罰をあげる」
hitomi、渾身のデビューコミックス!!
【収録作品】
1人と一人の3650日 1話~最終話
未熟な僕らは夏に為る
未熟な二人のその後のお話(描き下ろし)
★単行本カバー下画像収録★
【電子限定で描き下ろしの2ページ漫画が収録されています。】

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持