あいぜんかぐら<地の巻>

  • 日の出ハイム

  • 竹書房

風間刃之介(カザマノジンノスケ)は、その美しさと機転を武器に戦乱の世を生きる伊賀百地の下忍。身分違いながら百地の惣領息子・百地小平左(モモチコヘイザ)に惹かれ結ばれる。しかしある夜、百地屋敷が爆破され、屋敷襲撃の濡れ衣を着せられた刃之介は追われる身に。兄弟弟子である鳶斬蔵(トビノザンゾウ)らは、刃之介の潔白を信じ、事の真相を探ろうとするが、彼らもまた次々と襲われ――…!?明日をも知れぬ戦乱の世で、愛し合い、助け合い、憎しみ合う、名もなき忍びたちを描いた著者初の麗人コミックス<下巻>!!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持