地獄変(オリジナルカバー版)

  • 日野日出志

  • ゴマブックス

これは血の匂いとその美に魅入られて地獄に落ちたある無名絵師の狂気と戦慄に満ちた恐るべき告白の物語である。(冒頭の言葉)
作者自身を投影した絵師の独白で綴られる本作は、筆舌に耐え難い残酷な表現で埋めつくされ、まさに日野日出志の「狂気」が見事に圧縮された怪作である。ここでは作者の死、苦、血、狂、女全ての表現において、アートとしての完成形を見ることができる。
ラストカットで絵師によって読者に投げつけられる斧は、コミックの歴史に残る名シーンでもある。必読の一作!
1982年初版時の表紙を可能な限り再現した記念版です。オリジナル表紙でコレクションしよう!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持