私の執事はご機嫌ナナメ~ベッドで眼鏡はやめてください!~

  • 倖月さちの・伽月るーこ

  • 乙女ドルチェ・コミックス

天涯孤独のひまりに手を差し伸べたのはクールでドsな専属執事――!?
「ただ私を求めて啼いてください」レッスンと称して与えられる快楽になす術もなく、無垢な身体は熱く蕩け――。父を亡くして困窮していたひまりの前に現れたのは、燕尾服をまとった怜悧な眼鏡イケメンだった。専属執事を名乗る黒崎は、ひまりの祖父の命を受け、彼女を一人前の令嬢に育て上げるべく派遣されたという。会ったこともない祖父に反発を覚えながらも自由を勝ち取るべく奮闘するひまり。しかし黒崎は「少しでも男慣れしていただくため」と称して淫靡な花嫁修行を施すように……。大人の余裕と巧みな指技で翻弄する黒崎の真意とは!?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持