The apple of my eye(分冊版)

  • 円場喜与

  • 海王社

裏家業の掃除屋として働く彗。ある日同行した事務所でボロ雑巾のように扱われている男がいた。帰り道、「三万で俺を買ってくれないか」と路地裏からかけられた声の主は、事務所で痛めつけられていた男・レスリーだった。野良猫のように縋るレスリーの瞳に、かつて継父に虐待され殺されてしまった飼い猫を重ねた彗は、家へと連れ帰り――。 ※この作品は『&.Emo vol.2』に収録されています。重複購入にご注意ください。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持